メニュー 閉じる

屋根の縁切り作業!!

熊本の外壁塗装はホーミーズへ!

皆さんこんにちは!
本日は、塗装工事のご依頼を頂き、ご提案させていただく際にご質問が多い、屋根の塗装の際に行う【縁切り】という作業についてご説明していきたいと思います。

よく、「屋根の縁切りって何?」「タスペーサーって何?」「タスペーサーって必要なの?」というご質問を頂きます。
そもそも屋根の縁切りとは何かと言いますと、最近多く使用されている屋根材、一般にコロニアルまた、化粧スレート等呼ばれている屋根材のみに行う作業で、
瓦屋根、板金屋根はこの縁切りは行いません。

屋根は上下に重なり合って葺かれています。新築時は上下の重なりに隙間が確保されているのですが、数年後には塗替えが必要とされます。その際に塗装の厚みでその隙間が塞がれてしまいます。
コロニアルは、横方向の継ぎ目から侵入した雨水を上下の重なりあった屋根材の隙間から排水できるように設計されています。

しかし、排水のために設けられている隙間が塗料によって塞がると、もちろん排水できませんので、雨漏りにつながってしまいます。

もう一つが、毛細管現象です!
毛細管現象とは、小さな隙間から水を吸い上げてしまう現象です。塗料によって完全に隙間が塞がらなくても、塗装することで厚みがつきますので、当初の隙間は狭くなります、そこで雨が降るとその小さな隙間から雨水を吸い上げてしまい雨漏れの原因になってしまう!それが毛細管現象です。

この二つの観点から、屋根の縁切りは必要とされているのです。

縁切りの方法は2種類ありまして、職人さんが使用する皮すきやカッターで上下の塗膜を切って縁切りを行う方法。
もう一つはタスペーサーを使用する方法。
タスペーサーとは縁切り用の道具になります。
(一番上の写真に写る黒いもの)

弊社では縁切りを行う際はタスペーサーを使用します。
従来の工法である皮すきやカッターでの縁切りは、塗膜を傷つけ、綺麗に仕上げた屋根の上を歩く、また完全に縁が切れないなど、デメリットが多いのに対して、タスペーサーは下塗り後に設置したら、後は中塗り、上塗りで完了になりますので、塗膜も傷つけず、屋根も汚さずしっかりと縁切りがおこなえますので安全で安心の工法なのです。

また、弊社では、主に2回目以降のお客様にタスペーサー施工をご提案させていただいてます。初めての塗替えの場合、塗装後も隙間が確保されてる場合が多く、タスペーサーは隙間が4㎜以上ある場合施工ができません。
ですので、初めての塗替えで、縁切りが必要かというのは現地調査の際しっかりと調査致しますのでご安心下さい。

写真は先日、工事致しまたY様邸の屋根になります。
今回2回目の塗替えということで、タスペーサーの施工をご提案しました。
ご納得いただき、安心されていました。

また、ご質問やご相談!どしどしお寄せください!
ホーミーズと一緒に解決していきましょう!!

※今回使用材料 タスペーサー01

外壁塗装のお悩みお聞かせ下さい☆
相談・お見積り・現地調査・劣化診断
完全無料

0120-967-747

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です